参加団体の方へ

援助金制度

援助金制度については、非営利企画援助金制度と特別援助金制度の2種類があります。
これらは重複して申請できます。

非営利企画援助金制度

白門祭の理念に沿った文化性の高い非営利企画に対して1企画につき最大15,000円の援助金を支給する制度です。
原則、物品や飲食物を販売する企画および入場料を取る企画はすべて営利企画となり「非営利企画援助金」を申請できません。

特別援助金制度

講演会などで出演者を招き、かつ入場料が無料の企画に対して、用途が「講演料」としての申請に限り、最大40,000円の援助金を支給する制度です。
援助金の申請には事前に「出演者承諾書」を提出している必要があります。 また、出演者が中央大学の関係者(教員・院生・学部生)である場合は「特別援助金」を申請できません。

援助金を受け取るまでの流れ
「援助金関係書類」配布・受付

<日時>
11月11日(月)~11月15日(金) 13:00~18:00
<場所>
白門祭実行委員会事務局(4208号室)
※やむを得ず提出期限に間に合わない場合は、提出期間内に当委員会に連絡してください。

援助金交付

<日時>
12月中旬
<場所>
未定(※決定次第、当Webページや生協前白門祭実行委員会専用掲示板に掲載します)
<持ち物>
参加者必携本、印鑑

注意事項
援助金を交付できない申請

・以下の用途での援助金の申請は認めません。
①レンタカー代としての申請
②エフェクター代、アンプ代、楽器類、照明代、衣装代などとしての申請
※レンタルなど白門祭期間のみの使用であれば可
③白門祭期間のみの使用ではなく、終了後も使用すると判断できるものへの申請
※その他の用途においても当委員会で審査した結果、申請を認めることができない場合があります。
・援助金申請の可否の結果は後日当委員会から連絡します。

企業協賛企画との併用について

・企業協賛企画と併用し、援助金を申請することはできません。
ただし、物品協賛との併用は当委員会で審査し、申請の可否を決定します(p.53『企業協賛企画』参照)。

領収書(原本)について

・レシート、見積書、請求書、銀行の利用明細書は領収書として受け付けられません。
生協やコンビニエンスストア、インターネットなどで購入した場合でも「領収書」を受け取るようにしてください。
・領収書はコピーではなく原本を提出してください。
・領収書の返却は行いませんので、必要な場合はコピーを取ってください。
・領収書の裏面には①、②、③、…と番号をふり、番号順にクリップで留めて、提出まで大切に保管してください。
・宛名企画情報シート(当冊子裏表紙)に記入された団体名にしてください。「上様では受け付けることができません。」
・但し書きには「御品代」ではなく、具体的な品名を記入してください。一度に複数のものを購入した場合は、領収書に主なものを、2、3品記入するか 領収書とレシートを提出してください。
・提出された書類は当委員会が審査するため、不備がないように注意してください。
・学友会所属部会に関しては、領収書の金額と援助金の金額を記入した「支払証明書」を発行します。
これは、援助金限度額を超えた支払いがあった場合、学友会費から残りを補填するするために必要な証明書です。(この証明書は学友会のA帳簿に貼ることができます)。 必要な部会は申し出て下さい。
・万が一提出期限に間に合わない場合は、提出期限内に当委員会連絡してください。

酒類の取扱いについて

第53回白門祭は全面禁酒です。
大学構内への酒類の持ち込みは、ノンアルコール飲料を含め禁止です。
また、酒類提供企画は過去にあった飲酒事故が原因となり、実施することができません。

電子版必携本

公開まで今しばらくお待ちください。